はんこは大事に

はんこを押す機会というものは、日常生活の上でも少なくありません。
ましてお仕事をしていると毎日何度も押す機会がありませんか?
それだけ身近であると、なんとなく印鑑やはんこがどれだけ大切なものであるのか忘れがちです。
実印・認印に関わらず、そこにあなたがはんこをしたのなら、
その書類が持つ法的な義務・責任は絶大です。
決して安易に押してはいけませんし、失くしてもいけません。
特に実印は非常に大切なはんこですから、銀行の貸金庫などに預けておくのも良いでしょう。
また実印には天然素材を使用していることが少なくありません。
天然素材は乾燥に弱いものです。
しかし実印は、万が一欠けてしまったり、傷んでいたりすると使えなくなってしまうことがあります。
なるべく傷まない素材を使うのがベストですが、天然素材の場合は必ず印鑑ケースにしまって、外気・乾燥から守ってあげましょう。
また朱肉が残ったままの状態は実印であろうと、認印であろうと傷みの原因になります。
朱肉には油分が含まれているため、印材に侵食して劣化させてしまうので、一度でも使ったら丁寧にふき取ることを忘れないようにしてください。

Comments are closed.

Powered by WordPress | Theme by RoseCityGardens.com